聞き覚え国語ロゴ

国語

「聞き覚え」は、聞くだけで暗記する音声教材です。
内容 pdf
日本文学史
①古事記 ②万葉集、古今和歌集、新古今和歌集 ③大伴家持 ④紀貫之 ⑤藤原定家 ⑥枕草子、徒然草、方丈記 ⑦清少納言 ⑧吉田兼好 ⑨鴨長明 ⑩竹取物語 ⑪紫式部 ⑫今昔物語集 ⑬伊勢物語 ⑭紀貫之 ⑮平家物語 ⑯お伽草子 ⑰松尾芭蕉 ⑱南総里見八犬伝 ⑲小林一茶 ⑳十返舎一九 ㉑近松門左衛門 ㉒福澤諭吉 ㉓与謝野晶子 ㉔石川啄木 ㉕斎藤茂吉 ㉖樋口一葉 ㉗島崎藤村 ㉘二葉亭四迷 ㉙夏目漱石 ㉚森鷗外 ㉛芥川龍之介 ㉜志賀直哉 ㉝武者小路 実篤 ㉞有島 武郎 ㉟宮沢賢治 ㊱川端康成 ㊲高村光太郎 ㊳井伏鱒二 ㊴小林多喜二 ㊵太宰治 ㊶谷崎潤一郎 ㊷三島由紀夫 ㊸大岡昇平 ㊹大江健三郎 ㊺松本清張 ㊻三浦綾子 ㊼宮本輝 ㊽村上春樹
慣用句(1)
①顔が広い ②顔がきく ③鼻が高い ④鼻にかける ⑤頭が上がらない ⑥頭が下がる ⑦口がすっぱくなる ⑧耳にたこができる ⑨首を長くする ⑩足を洗う ⑪手を切る ⑫腕が鳴る ⑬肩身が狭い ⑭のどから手が出る ⑮へそを曲げる ⑯長い目で見る ⑰足を引っ張る ⑱揚げ足をとる ⑲足が棒になる
慣用句(2)
①目が肥える ②耳が早い ③腕を磨く ④肩を並べる ⑤腹をさぐる ⑥胸をなでおろす ⑦耳が痛い ⑧頭が固い ⑨目に余る ⑩顔に泥を塗る ⑪口車に乗る ⑫手を焼く ⑬指をくわえる ⑭手塩にかける ⑮口が軽い ⑯「手に余る」「手に負えない」 ⑰歯が立たない ⑱顎(あご)で使う ⑲口が滑る
慣用句(3)
①胸がすく ②頬が緩む ③足が地に付かない ④筋を通す ⑤手に汗を握る ⑥肝が据わる ⑦舌を巻く ⑧肝を潰す ⑨肝を冷やす ⑩自腹を切る ⑪腹を決める ⑫肝に銘じる ⑬眉をひそめる。顔をしかめる ⑭尻馬に乗る ⑮腰が重い。尻が重い ⑯猫の額 ⑰骨が折れる ⑱首が飛ぶ ⑲断腸の思い
慣用句(4)
①地に足がつかない ②目から鼻へ抜ける ③肩の荷が下りる ④口火を切る ⑤舌づつみを打つ ⑥足が出る ⑦歯に衣着せぬ ⑧舌先三寸 ⑨顔から火が出る ⑩あごを出す ⑪ヘソで茶を沸かす ⑫後ろ髪を引かれる ⑬面の皮が厚い ⑭爪に火を灯す ⑮手のひらを返す ⑯鼻をあかす ⑰腹が黒い ⑱足がつく ⑲口裏を合わせる
慣用句(5)
①飛ぶ鳥を落とす ②破竹の勢い ③生き馬の目を抜く ④一山当てる ⑤一石二鳥 ⑥一石を投じる ⑦亀の甲より年の功 ⑧石橋をたたいて渡る ⑨馬が合う ⑩話に花が咲く ⑪羽を伸ばす ⑫高嶺の花 ⑬花道を飾る ⑭立つ鳥あとを濁さず ⑮種を明かす ⑯根が生える ⑰石の上にも三年 ⑱馬の背を分ける ⑲雲泥の差
慣用句(6)
①雲行きが怪しい ②犬も食わない ③猫に小判 ④豚に真珠 ⑤馬の耳に念仏 ⑥井の中の蛙 ⑦猿も木から落ちる ⑧逃がした魚は大きい ⑨石にかじりついても ⑩虫がいい ⑪風上に置けない ⑫根も葉もない ⑬氷山の一角 ⑭湯水のように使う ⑮閑古鳥が鳴く ⑯同じ穴のムジナ ⑰海の物とも山の物ともつかぬ ⑱張り子の虎 ⑲砂上の楼閣
慣用句(7)
①窮鼠(きゅうそ)猫を噛む ②火事場の馬鹿力 ③蛙の子は蛙 ④鳶(とび)が鷹を生む ⑤蛇の道は蛇 ⑥餅は餅屋 ⑦馬は馬方 ⑧付和雷同 ⑨長いものには巻かれろ ⑩朱に交われば赤くなる ⑪病は気から ⑫虫が知らせる ⑬虫の居所が悪い ⑭腹の虫がおさまらない ⑮前途多難 ⑯水泡(すいほう)に帰す ⑰灰燼(かいじん)に帰す ⑱焦土と化す ⑲無に帰す
慣用句(8)
①顔が立つ ②涼しい顔をする ③目が高い ④目の上のこぶ ⑤目に物見せる ⑥目の敵にする ⑦目も当てられない ⑧目がない ⑨目をかける ⑩目をつぶる ⑪目を盗む ⑫小耳にはさむ ⑬聞き耳をたてる ⑭耳にタコができる ⑮耳を揃える ⑯鼻につく ⑰鼻持ちならない ⑱大口をたたく ⑲軽口をたたく
慣用句(9)
①首が回らない ②口を割る ③舌足らず ④手を打つ ⑤後ろ指を指される ⑥腹に据えかねる ⑦腰が低い ⑧尻に火がつく ⑨足をすくう ⑩勇み足 ⑪二の足を踏む ⑫身を固める ⑬身を粉にする ⑭一肌脱ぐ ⑮後の祭り ⑯油を売る。 ⑰油を絞る ⑱一目置く ⑲氏より育ち
慣用句(10)
①海老で鯛を釣る ②大風呂敷を広げる ③お茶をにごす ④臭いものにふたをする ⑤勝てば官軍 ⑥かぶとを脱ぐ ⑦狐につままれる ⑧けがの功名 ⑨雨降って地固まる ⑩災い転じて福となす ⑪さじを投げる ⑫サバを読む ⑬しのぎを削る ⑭私腹をこやす ⑮私利私欲を満たす ⑯棚からぼた餅 ⑰ひょうたんから駒 ⑱玉にキズ ⑲非の打ち所がない
慣用句(11)
①つじつまが合わない ②手ぐすねを引く ③無くて七癖 ④猫をかぶる ⑤野に下る ⑥白紙に戻す ⑦ご破算にする ⑧袋のネズミ ⑨蟻のはい出る隙もない ⑩筆が立つ ⑪筆が滑る ⑫腕が鈍る ⑬焼きが回る ⑭下手の横好き ⑮好きこそ物の上手なれ ⑯枚挙にいとまがない ⑰身から出た錆 ⑱ツケが回る ⑲しわ寄せが来る
四字熟語(1)
一日千秋(いちじつせんしゅう) 一石二鳥(いっせきにちょう) 意味深長(いみしんちょう) 栄枯盛衰(えいこせいすい) 疑心暗鬼(ぎしんあんき) 喜怒哀楽(きどあいらく) 空前絶後(くうぜんぜつご) 言語道断(ごんごどうだん) 自画自賛(じがじさん) 絶体絶命(ぜったいぜつめい) 千差万別(せんさばんべつ) 用意周到(よういしゅうとう) 大器晩成(たいきばんせい) 単刀直入(たんとうちょくにゅう) 馬耳東風(ばじとうふう) 半信半疑(はんしんはんぎ) 優柔不断(ゆうじゅうふだん) 一期一会(いちごいちえ) 臨機応変(りんきおうえん)
四字熟語(2)
悠々自適(ゆうゆうじてき) 平穏無事(へいおんぶじ) 一触即発(いっしょくそくはつ) 危機一髪(ききいっぱつ) 品行方正(ひんこうほうせい) 時期尚早(じきしょうそう) 試行錯誤(しこうさくご) 七転八倒(しちてんばっとう) 質実剛健(しつじつごうけん) 自暴自棄(じぼうじき) 順風満帆(じゅんぷうまんぱん) 傍若無人(ぼうじゃくぶじん) 支離滅裂(しりめつれつ) 新進気鋭(しんしんきえい) 大胆不敵(だいたんふてき) 猪突猛進(ちょとつもうしん) 満場一致(まんじょういっち) 三日坊主(みっかぼうず) 千載一遇(せんざいいちぐう)
四字熟語(3)
意気投合(いきとうごう) 本末転倒(ほんまつてんとう) 縦横無尽(じゅうおうむじん) 首尾一貫(しゅびいっかん) 徹頭徹尾(てっとうてつび) 老若男女(ろうにゃくなんにょ) 因果応報(いんがおうほう) 前人未踏(ぜんじんみとう) 単純明快(たんじゅんめいかい) 紆余曲折(うよきょくせつ) 波乱万丈(はらんばんじょう) 表裏一体(ひょうりいったい) 杓子定規(しゃくしじょうぎ) 二束三文(にそくさんもん) 平身低頭(へいしんていとう) 悪戦苦闘(あくせんくとう) 粉骨砕身(ふんこつさいしん) 周章狼狽(しゅうしょうろうばい) 輪廻転生(りんねてんしょう)
四字熟語(4)
①前途洋洋(ぜんとようよう) ②一部始終(いちぶしじゅう) ③一進一退(いっしんいったい) ④一字一句(いちじいっく) ⑤不老長寿(ふろうちょうじゅ) ⑥一網打尽(いちもうだじん) ⑦奇想天外(きそうてんがい) ⑧古今東西(ここんとうざい) ⑨心機一転(しんきいってん) ⑩四苦八苦(しくはっく) ⑪自業自得(じごうじとく) ⑫質疑応答(しつぎおうとう) ⑬前途有望(ぜんとゆうぼう) ⑭日進月歩(にっしんげっぽ) ⑮異国情緒(いこくじょうちょ) ⑯油断大敵(ゆだんたいてき) ⑰無我夢中(むがむちゅう) ⑱天変地異(てんぺんちい) ⑲二者択一(にしゃたくいつ)
四字熟語(5)
①一心同体(いっしんどうたい) ②一目瞭然(いちもくりょうぜん) ③我田引水(がでんいんすい) ④一生懸命(いっしょけんめい) ⑤完全無欠(かんぜんむけつ) ⑥起承転結(きしょうてんけつ) ⑦前代未聞(ぜんだいみもん) ⑧正真正銘(しょうしんしょうめい) ⑨興味津津(きょうみしんしん) ⑩五分五分(ごぶごぶ) ⑪誠心誠意(せいしんせいい) ⑫一汁一菜(いちじゅういっさい) ⑬名誉挽回(めいよばんかい) ⑭暴飲暴食(ぼういんぼうしょく) ⑮自給自足(じきゅうじそく) ⑯小春日和(こはるびより) ⑰不老不死(ふろうふし) ⑱百発百中(ひゃっぱつひゃくちゅう) ⑲波瀾万丈(はらんばんじょう)
四字熟語(6)
①一朝一夕(いっちょういっせき) ②一世一代(いっせいいちだい) ③一喜一憂(いっきいちゆう) ④多種多様(たしゅたよう) ⑤感慨無量(かんがいむりょう) ⑥共存共栄(きょうそんきょうえい) ⑦言行一致(げんこういっち) ⑧初志貫徹(しょしかんてつ) ⑨取捨選択(しゅしゃせんたく) ⑩右往左往(うおうさおう) ⑪虎視眈眈(こしたんたん) ⑫自由自在(じゆうじざい) ⑬公明正大(こうめいせいだい) ⑭一刻千金(いっこくせんきん) ⑮一心不乱(いっしんふらん) ⑯津津浦浦(つつうらうら) ⑰手前勝手(てまえがって) ⑱前後不覚(ぜんごふかく) ⑲一国一城(いっこくいちじょう)
四字熟語(7)
①暗中模索(あんちゅうもさく) ②意気消沈(いきしょうちん) ③異口同音(いくどうおん) ④温故知新(おんこちしん) ⑤急転直下(きゅうてんちょっか) ⑥起死回生(きしかいせい) ⑦五里霧中(ごりむちゅう) ⑧才色兼備(さいしょくけんび) ⑨百花繚乱(ひゃっかりょうらん) ⑩海千山千(うみせんやません) ⑪終始一貫(しゅうしいっかん) ⑫大願成就(だいがんじょうじゅ) ⑬大義名分(たいぎめいぶん) ⑭適材適所(てきざいてきしょ) ⑮電光石火(でんこうせっか) ⑯独立独歩(どくりつどっぽ) ⑰威風堂堂(いふうどうどう) ⑱背水之陣 (はいすいのじん) ⑲無病息災(むびょうそくさい)
四字熟語(8)
①暗雲低迷(あんうんていめい) ②意気揚揚(いきようよう) ③意志疎通(いしそつう) ④天真爛漫(てんしんらんまん) ⑤一騎当千(いっきとうせん) ⑥一蓮托生(いちれんたくしょう) ⑦四面楚歌(しめんそか) ⑧反面教師(はんめんきょうし) ⑨他山之石(たざんのいし) ⑩青天霹靂(せいてんのへきれき) ⑪立身出世(りっしんしゅっせ) ⑫八方美人(はっぽうびじん) ⑬正正堂堂(せいせいどうどう) ⑭弱肉強食 (じゃくにくきょうしょく) ⑮九死一生(きゅうしいっしょう) ⑯神出鬼没(しんしゅつきぼつ) ⑰東奔西走(とうほんせいそう) ⑱以心伝心(いしんでんしん) ⑲不平不満(ふへいふまん)
中学国語(1)基本の古語50
①あはれなり。②をかし。③うつくし。④ありがたし。⑤おぼゆ。⑥こころにくし。⑦ゆかし。⑧さ・る。⑨うしろやすし。⑩ねんごろなり。⑪いみじ。⑫あやし。⑬あいなし。⑭心づきなし。⑮うしろめたし。⑯かなし。⑰はづかし。⑱ すさまじ。⑲いたづらなり。⑳つれづれなり。㉑さうざうし。㉒う・し。㉓あさまし。㉔わびし。㉕いとほし。ほか。

敬語

内容 pdf
敬語(1)基本編
①尊敬語 ②謙譲語 ③丁寧語 ④なさる。される。 ⑤いたす。 ⑥おっしゃる。言われる。 ⑦申す。申し上げる。 ⑧ご覧になる。 ⑨拝見する。 ⑩お聞きになる。 ⑪うかがう。 ⑫いらっしゃる。 ⑬うかがう。 ⑭お越しになる。 ⑮まいる。 ⑯ご存知になる。 ⑰存じる。承知する。 ⑱お会いになる。 ⑲お目にかかる。
敬語(2)基本編
①「ご無沙汰しております」②「お元気でいらっしゃいましたか?」③「先日はお世話になり、ありがとうございました」④「お先に休ませていただきます」⑤「こちらこそ、よろしくお願いいたします」⑥「それでは、失礼いたします」⑦「ただいま、戻りました」⑧「恐れ入りますが、名刺を頂戴できますか?」⑨「お招きに預かりまして、ありがとうございました」⑩「お先に、失礼いたします。」⑪「お越しくださいまして、ありがとうございます」⑫「来週の水曜日に、また参ります」⑬「熱中症にならないように、ご自愛ください」⑭「はじめてお目にかかります。A社の山田と申します」⑮「以後、お見知りおきください」⑯「お目にかかれて、光栄です」⑰「お名前は存じ上げております」⑱「弊社へ、いらっしゃったことは、ございますか?」⑲「どうも、お疲れさまです」
敬語(3)基本編〜お礼の敬語
目上の人を敬う時、相手のヒトを、立てたい時に使う「ありがとう」の、敬語表現集。「お礼」、「感謝」、「お心づかい」、「いただきもの」、「おもてなし」、「ご指導いただき…」などの会話の例文。
敬語(4)基本編〜謝罪の敬語
目上の人に謝罪する時の敬語表現集。「何卒ご容赦くださいますよう...」「誠に申し訳ございませんでした...」「弊社の不手際で、多大なご迷惑をお掛けし...」「私どもの役目を十分に果たすことができず...」「お客様に不快な思いをさせてしまい...」「私どもの配慮が足りませんでした...」「ご面倒をおかけして、誠に申し訳ございません」などの会話の例文。


秀一 ※「聞き覚え」は、19ch運営事務局の「秀一」が制作しています。

  プレミアム・オーダー

スポンサーリンク