聞き覚え国語ロゴ
  19ch.tv 聞き覚え

中学国語

「聞き覚え」は、耳で学習する音声教材です。
内容 pdf
中学国語(1)基本の古語50
①あはれなり。②をかし。③うつくし。④ありがたし。⑤おぼゆ。⑥こころにくし。⑦ゆかし。⑧さ・る。⑨うしろやすし。⑩ねんごろなり。⑪いみじ。⑫あやし。⑬あいなし。⑭心づきなし。⑮うしろめたし。⑯かなし。⑰はづかし。⑱ すさまじ。⑲いたづらなり。⑳つれづれなり。㉑さうざうし。㉒う・し。㉓あさまし。㉔わびし。㉕いとほし。ほか。

敬語

内容 pdf
敬語(1)基本編
①尊敬語 ②謙譲語 ③丁寧語 ④なさる。される。 ⑤いたす。 ⑥おっしゃる。言われる。 ⑦申す。申し上げる。 ⑧ご覧になる。 ⑨拝見する。 ⑩お聞きになる。 ⑪うかがう。 ⑫いらっしゃる。 ⑬うかがう。 ⑭お越しになる。 ⑮まいる。 ⑯ご存知になる。 ⑰存じる。承知する。 ⑱お会いになる。 ⑲お目にかかる。
敬語(2)基本編
①「ご無沙汰しております」②「お元気でいらっしゃいましたか?」③「先日はお世話になり、ありがとうございました」④「お先に休ませていただきます」⑤「こちらこそ、よろしくお願いいたします」⑥「それでは、失礼いたします」⑦「ただいま、戻りました」⑧「恐れ入りますが、名刺を頂戴できますか?」⑨「お招きに預かりまして、ありがとうございました」⑩「お先に、失礼いたします。」⑪「お越しくださいまして、ありがとうございます」⑫「来週の水曜日に、また参ります」⑬「熱中症にならないように、ご自愛ください」⑭「はじめてお目にかかります。A社の山田と申します」⑮「以後、お見知りおきください」⑯「お目にかかれて、光栄です」⑰「お名前は存じ上げております」⑱「弊社へ、いらっしゃったことは、ございますか?」⑲「どうも、お疲れさまです」
敬語(3)基本編〜お礼の敬語
目上の人を敬う時、相手のヒトを、立てたい時に使う「ありがとう」の、敬語表現集。「お礼」、「感謝」、「お心づかい」、「いただきもの」、「おもてなし」、「ご指導いただき…」などの会話の例文。
敬語(4)基本編〜謝罪の敬語
目上の人に謝罪する時の敬語表現集。「何卒ご容赦くださいますよう...」「誠に申し訳ございませんでした...」「弊社の不手際で、多大なご迷惑をお掛けし...」「私どもの役目を十分に果たすことができず...」「お客様に不快な思いをさせてしまい...」「私どもの配慮が足りませんでした...」「ご面倒をおかけして、誠に申し訳ございません」などの会話の例文。




プレミアム・オーダー

スポンサーリンク