とある男が授業をしてみた

 公民 24 裁判について②


 裁判について②の問題 無料プリント

葉一先生の解答


裁判について②について
葉一の勉強動画と無料プリント(ダウンロード印刷)で何度でも勉強できます。

裁判には民事裁判(私人の間の争いについての裁判)と
刑事裁判(犯罪行為について、有罪か無罪かを決定する裁判)がある。

民事裁判では、訴えた人が原告、訴えられた人が被告となって、自分の意見を主張する。
刑事裁判では、犯罪が起きると警察官と検察官が犯罪を捜査し、
罪を犯した疑いのある者(被疑者)を探し、容疑がかたまると、
検察官は被疑者を被告人として裁判に訴える(起訴)。
ほか。




copyright 2015 葉一「とある男が授業をしてみた」All Rights Reserved. |HP運営 Atelier View | 運営事務局