とある男が授業をしてみた

 受験対策 26 図形26


 図形26の問題 無料プリント

葉一先生の解答


右の図は、一辺の長さが8cmの正四面体OABCを表している。
①辺OA,OB,OCにそれぞれ点D,E,FをOD:DA=1:2,OE:EB=1:2,OF:FC=1:2となるようにとる。
このとき、正四面体OABCを3点D,E,Fを通る平面で分けた時にできる2つの立体のうち、頂点Aを含む立体の体積は、正四面体OABCの体積の何倍か求めよ。
ほか。



copyright 2015 葉一「とある男が授業をしてみた」All Rights Reserved. |HP運営 Atelier View | 運営事務局