とある男が授業をしてみた

 歴史 50 ヨーロッパの革命①・イギリス編


 ヨーロッパの革命①・イギリス編の問題 無料プリント

3人の啓蒙思想家については、 【社会】公民-7 人権の歴史②・思想家編をご覧ください。

ヨーロッパの革命①・イギリス編について
動画と無料プリントで勉強します。

17世紀半ばのイギリスでは国王が王権神授説をとり、
議会を無視して、重い税を課していた。

そこで、1642年クロムウェルを指導者として
内乱をおこして国王軍を破り、1649年に当時の国王を処刑し、
議会による共和政治を行うことを宣言した
ピュータリン(清教徒)革命)。
ほか。


みんなの「まとめ」投稿

comment

aaa:(2017/11/05)
17世紀半ばのイギリスでは国王が王権神授説をとり、 議会を無視して、重い税を課していた。
そこで、1642年クロムウェルを指導者として 内乱をおこして国王軍を破り、1649年に当時の国王を処刑し、 議会による共和政治を行うことを宣言した。
(ピュータリン(清教徒)革命)。



スポンサーリンク




だらだラジオ
チャンネル登録はこちら


  はいち@教育YouTuber
copyright 2015 葉一「とある男が授業をしてみた」All Rights Reserved. |HP運営 Atelier View | 運営事務局