とある男が授業をしてみた

 公民 39 国際社会における国家


 国際社会における国家の問題 無料プリント

葉一先生の解答


国際社会における国家について
葉一の勉強動画と無料プリント(ダウンロード印刷)で何度でも勉強できます。

主権は、ある国が他国に支配されたり、
干渉されたりしない権利(内政不干渉の原則)と、
ほかの国々と対等である権利
(主権平等の原則)からなっており、
この主権を持つ国々を主権国家という。

国家の主権がおよぶ範囲を領域といい、
これは領土、領海、領空からなっている。
ほか。




copyright 2015 葉一「とある男が授業をしてみた」All Rights Reserved. |HP運営 Atelier View | 運営事務局