とある男が授業をしてみた

 高校数学(数B/動画) 57 等差数列とその和①


 等差数列とその和①の問題 無料プリント

葉一先生の解答


等差数列とその和①について
葉一の勉強動画と無料プリント(ダウンロード印刷)で何度でも勉強できます。

各項に一定の数dを加えると、次の項が得られるとき、この数列を等差数列といい、
dを公差という。このとき、すべての自然数nについて、an+1=an+dが成り立つ。

また、初項a、公差dの等差数列{an}の一般項はan=a+(n+1)d
で求めることができる。

○次の等差数列の□に適する数を入れ、一般項を求めよう。
④3、5、7、□、・・・

⑤□、11、8、5、・・・

ほか。




copyright 2015 葉一「とある男が授業をしてみた」All Rights Reserved. |HP運営 Atelier View | 運営事務局