とある男が授業をしてみた

 高校数学(数B/動画) 26 ベクトル方程式①


 ベクトル方程式①の問題 無料プリント

葉一先生の解答


数B-26 ベクトル方程式①について
葉一の勉強動画と無料プリント(ダウンロード印刷)で何度でも勉強できます。

点A(a→)を通り、d→(キ0→)に平行な直線をgとすると、
直線g上の任意の点P(P→)はP→=a→+td→となり、
これをベクトル方程式、tを媒介変数という。

○次の点Aを通り、d→が方向ベクトルである直線の媒介変数表示を、
媒介変数tを用いて求めよう。また、tを消去した直線の方程式を求めよう。

④A(2,−3)、d→=(−1,2)

ほか。




copyright 2015 葉一「とある男が授業をしてみた」All Rights Reserved. |HP運営 Atelier View | 運営事務局