とある男が授業をしてみた

 高校数学(数A)63 直線と平面②


 直線と平面② 無料プリント

葉一先生の解答


直線と平面②について
葉一の勉強動画と無料プリント(ダウンロード印刷)で何度でも勉強できます。

※凸多面体の頂点の数をV、辺の数をe、面の数をfとすると、
v-e+f=2が成り立つ。これをオイラーの多面体 定理という。

○空間内の直線l、m、nや、平面p、Q、Rについて、次の記述が正しいときは○、
正しくないときは×で答えよう。
⑤l⊥P、m⊥Pのとき、l⊥mである。
⑥l//P、m//Pのとき、l//mである。
ほか。




copyright 2015 葉一「とある男が授業をしてみた」All Rights Reserved. |HP運営 Atelier View | 運営事務局