中3英語

中3英語の動画授業ページ、無料プリント(PDF)のメニュー。
 中3(英語)学習計画表 ?
NO. イメージ 授業の内容 pdf
1
現在完了形①・完了編
現在完了形①・完了編
have(has)+過去分詞
2
現在完了形②・継続編
現在完了形②・継続編
have(has)+過去分詞、『継続』の意味(ずっと〜している)
3
現在完了形③・経験編
現在完了形③・経験編
have(has)+過去分詞。『経験』の意味が、〜したことがある。
4
It's ~ for ~ to ~
It's ~ for ~ to ~
『It's A for B to C』意味はBにとってCすることは Aです。Cは動詞の原形に。
5
疑問詞 + to ~
疑問詞 + to ~
how to 〜→〜のやり方、what to〜→何を〜するべきか、when to〜→いつ〜するべきか、where to〜→どこで(に)〜するべきか、(toのうしろは動詞の原形)
6
ask ~ to ~
ask ~ to ~
ask 人 to 〜→人に〜を頼む、tell 人 to 〜→人に〜を言う、want 人 to 〜→人に〜をしてほしい、( toのうしろは動詞の原形)
7
call の使い方
call の使い方
『call A B』と使い、意味はAをBと呼ぶ
8
make の使い方
make の使い方
『make A B』と使うとAをBにするという意味になる。Bには状態を表す単語がくるよ。
9
文の最初に使わない疑問詞
文の最初に使わない疑問詞
wh 族たちが所属している疑問詞が動詞のすぐ後ろにくるとき、疑問詞+主語+動詞となる。




中3英語 NO.10〜

NO. イメージ 授業の内容 pdf
10
現在分詞
現在分詞
『〜している』という意味を加えたければ名詞の後ろに動詞ingをいれよう!
11
過去分詞
過去分詞
『〜された』という意味を加えたければ、名詞の後ろに過去分詞形を入れよう!
12
関係代名詞①・主格(人)編
関係代名詞①・主格(人)編
名詞を詳しく説明するときに関係題名詞を使う。そのとき、詳しく説明される名詞を代行詞という。
13
関係代名詞②・主格(もの)編
関係代名詞②・主格(もの)編
先行詞が、ものや動物のときwhich かthat を使う!
14
関係代名詞③・2文を1文にする編
関係代名詞③・2文を1文にする編
例題)I know a man. / He speaks three languages.→I know a man who speaks three languages
15
関係代名詞④・目的格編
関係代名詞④・目的格編
『関係代名詞+主+動』の形で、先行詞を詳しく説明するとき、先行詞がものや動物なら、whichかthat、人ならthatを使おう。
16
関係代名詞⑤・再び2文を1文にする編
関係代名詞⑤・再び2文を1文にする編
例題)① I have a letter. / My mother wrote it. → I have a letter which my mother wrote.
17
関係代名詞⑥・練習編
関係代名詞⑥・練習編
例題)① This is a book which is read by many children.これはたくさんの子どもたちに読ませている本です。


スポンサーリンク



ページ上部へ戻る

だらだラジオ
チャンネル登録はこちら


  はいち@教育YouTuber
copyright 2015 葉一「とある男が授業をしてみた」All Rights Reserved. |HP運営 Atelier View | 運営事務局