とある男が授業をしてみた

 歴史 52 ヨーロッパの革命③・産業編


 ヨーロッパの革命③・産業編の問題 無料プリント

ヨーロッパの革命③・産業編について
動画と無料プリントで勉強します。

イギリスは、綿糸や綿布を自国で作るために技術の改良を進め、
そして、18世紀の終わりに、ワットが蒸気機関の改良に成功し、
イギリス産の綿布が工場で安く生産できるようになった。

このような技術の向上による産業と社会のしくみの変化を産業革命といい、
19世紀のイギリスは「世界の工場」と呼ばれるようになった。


スポンサーリンク



19ch

だらだラジオ
チャンネル登録はこちら


  はいち@教育YouTuber
copyright 2015 葉一「とある男が授業をしてみた」All Rights Reserved. |HP運営 Atelier View | 運営事務局