とある男が授業をしてみた

 歴史 49 江戸時代⑪・3つ目の改革編


 江戸時代⑪・3つ目の改革編の問題 無料プリント

スポンサーリンク


江戸時代⑪・3つ目の改革編について
動画と無料プリントで勉強します。

1792年にロシアの使節ラクスマンが根室に来航、
1804年にレザノフが長崎に来航して通商を求めるが、
これを断った。

19世紀になると、ロシアのほか、イギリスや
アメリカの船も日本に近づくようになり、
1808年にはイギリスの軍艦が長崎港に 侵入する。
ほか。


みんなの「まとめ」投稿

comment

まーくん:(2017/07/22)
幕府が異国船打ち払い令を出したのは,鎖国体制を守ろうとしたから。
異国船打ち払い令が出されていたため,漂流民を引き渡そうとした商船が,浦賀と山川で撃退される事件が起こった。
この事件をモリソン号事件といい,撃退されたのはアメリカの商船である。
    <寛政の改革>
  • 昌平坂学問所を建てた。
  • 旗本などの借金を帳消しにした。
  • 農村に倉を設けて米をたくわえさせた。
    <天保の改革>
  • 江戸や大阪の農村を幕領にしようとした。
  • 株仲間の解散を命じた。
  • 異国船打ち払い令をやめた。




スポンサーリンク


投稿
このチャンネルの
まとめを募集中。

19chで勉強する皆さんのために「この授業のポイントまとめ」「テストに出題されたまとめ」など、誰か学習のポイントを教えてくれませんか?

授業のまとめ投稿



*スタディサプリは、小・中・高・大学受験の5教科18科目(1万本以上)がすべて見放題で月額980円(税抜)。 7月31日まで1か月無料利用 + Amazonギフト券(2000円分)プレゼント!実施中。

詳しくはこちら

だらだラジオ
チャンネル登録はこちら

  はいち@教育YouTuber

copyright 2015 葉一「とある男が授業をしてみた」All Rights Reserved. |広告募集|HP運営 Atelier View 岡山移住ガイド.jp 運営事務局