とある男が授業をしてみた

 中2理科 64 飽和水蒸気量と湿度①


 飽和水蒸気量と湿度①の問題 無料プリント

スポンサーリンク


飽和水蒸気量と湿度について
動画と無料プリントで勉強します。

湿度(%)=
1㎥の空気にふくまれる水蒸気の質量/その空気と同じ気温での飽和水蒸気量(%)×100

気温が高くなると飽和水蒸気量は大きくなる
気温が低くなると飽和水蒸気量は小さくなる
だから、気温が下がると湿度は高くなる

金属制のコップに室温の水を入れておいて、
氷水をたして、だんだん冷やす!
この実験で、金属製のコップを使うのは、
熱が伝わりやすいから。
ちなみに室温の水を使うのは、コップの温度気温を同じにするため。
そして、コップの表面についた水滴は空気の水蒸気が変化したんだよね。
そして、水蒸気が水滴に変わる現象を疑結という。その変わり始める温度を露点
ほか。


スポンサーリンク


投稿
このチャンネルの
まとめを募集中。

19chで勉強する皆さんのために「この授業のポイントまとめ」「テストに出題されたまとめ」など、誰か学習のポイントを教えてくれませんか?

授業のまとめ投稿



*スタディサプリは、小・中・高・大学受験の5教科18科目(1万本以上)がすべて見放題で月額980円(税抜)。 7月31日まで1か月無料利用 + Amazonギフト券(2000円分)プレゼント!実施中。

詳しくはこちら

だらだラジオ
チャンネル登録はこちら

  はいち@教育YouTuber

copyright 2015 葉一「とある男が授業をしてみた」All Rights Reserved. |広告募集|HP運営 Atelier View 岡山移住ガイド.jp 運営事務局