とある男が授業をしてみた

 歴史 44 江戸時代⑥・農業編


 江戸時代⑥・農業編の問題 無料プリント

スポンサーリンク


江戸時代⑥・農業編について
動画と無料プリントで勉強します。

幕府や藩は、土地の開墾に力を注ぎ、大きな新田を開発した。
その結果、18世紀はじめには、全国の耕地面積は、
豊臣秀吉のころの約2倍に増えた。


また、農具の改良も進み、田畑を深く耕すことのできる
備中ぐわや、脱穀を効率的にする千歯こきなどにより
生産力が向上した。

ほか。


スポンサーリンク


投稿
このチャンネルの
まとめを募集中。

19chで勉強する皆さんのために「この授業のポイントまとめ」「テストに出題されたまとめ」など、誰か学習のポイントを教えてくれませんか?※投稿による質問などにはお答えできません。ご了承ください。

授業のまとめ投稿



だらだラジオ
チャンネル登録はこちら


  はいち@教育YouTuber
copyright 2015 葉一「とある男が授業をしてみた」All Rights Reserved. |広告募集|HP運営 Atelier View 岡山移住ガイド.jp 運営事務局