とある男が授業をしてみた

 中3理科 7 身のまわりの電池


 身のまわりの電池の問題 無料プリント

スポンサーリンク


身のまわりの電池について
動画と無料プリントで勉強します。

使うと電圧が低下し、もとにもどらない電池を一次電池っていうよ。
このグループに所属しているのが・・・

アルカリ電池、マンガン電池、酸化銀電池、リチウム電池、空気電池。
一方で、くり返し使うことのできる電池を二次(畜)電池っていうよ。

その中でも、-極に鉛、+極に酸化鉛、それとうすい硫酸を用いた電池を
鉛畜電池っていうんだ。

そして、くり返し使うために、外部から
逆向きにの電流を流して
電圧をもどすことを充電っていうよ!

ほか。


みんなの「まとめ」投稿

comment

まーくん:(2017/11/08 )
1800年,イタリアの科学者ボルタは,ガルバーニの実権を再現しているうちに, 食塩水を湿らせた厚紙を2種類の金属で挟むと,電気が取り出せることを発見した。
その電池から得られる電気は小さかったが,何組も重ねると大きな電気が得られた。 これをボルタの電堆という。



スポンサーリンク


投稿
このチャンネルの
まとめを募集中。

19chで勉強する皆さんのために「この授業のポイントまとめ」「テストに出題されたまとめ」など、誰か学習のポイントを教えてくれませんか?※投稿による質問などにはお答えできません。ご了承ください。

授業のまとめ投稿



だらだラジオ
チャンネル登録はこちら


  はいち@教育YouTuber
copyright 2015 葉一「とある男が授業をしてみた」All Rights Reserved. |広告募集|HP運営 Atelier View 岡山移住ガイド.jp 運営事務局